障がいのある方の遺言

言語に障害のある方や視覚に障害のある方でも、公正証書で遺言することは問題なくできます。

【耳の聞こえない方】

公証人が書いた内容を、通訳者の通訳によって遺言者・立会証人に伝える形で作成することが認められています。また、公証人が書いた内容を直接遺言者本人に閲覧させる(見せて確認してもらう)方法でも作成することが可能です(通訳によるか、閲覧によるかは公証人が決めることになります。両方の方法を併用することも認められています)。

 

【口がきけない方】

本人が、公証人と立会証人の前で、遺言の趣旨を通訳者の通訳によって述べるか、自書するか、いずれかの方法で公正証書遺言を作成することが認められています(言語機能障害により発話できない方や聴覚障害のために発話が不明瞭な方だけでなく、病気や高齢のために発音が不明瞭な方もこの方法による作成が可能です)。

 

※目の見えない方でも、意志の確認さえ取れれば問題なく作成できます。

※通訳者は、特定の資格(手話通訳士等)を有する方でなくても、遺言者の意思を確実に伝達する能力があればよいとされています。

 

公正証書遺言の作成をお考えの方は、気軽にご相談ください。手話通訳の方を通したご相談や、筆談によるご相談も大丈夫です。ご遠慮なくお伝え下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします