特定贈与信託

特定贈与信託とは、特定障害者の方の生活の安定と療養の確保をはかるための制度です。

この制度を利用すると、受益者が特別障害者(重度の心身障害者)の場合は6,000万円まで、特別障害者以外の特定障害者(中軽度の知的障害者、障害等級2級または3級の精神障害者など)の場合は3,000万円まで非課税で贈与することができます。

両親などの扶養者が死亡した場合でも、特定障がい者の方の生活費や養育費が信託財産から定期的に交付される仕組みとなっています。

こちらの制度を利用するには、信託銀行や信託会社との間で契約を締結する必要があります。

※信託期間は、受益者である特定障害者の方が亡くなるまで(または信託財産がなくなるまで)の間となるので、あらかじめ期間を設定することはできません。

※信託契約の解約、取消しは特別の場合を除いてできません。

※信託財産の運用により生じる収益に対しては、所得税が課税されます。

※受益者である特定障害者の方が亡くなった場合、残余財産は受益者の相続人が相続することになります。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします