立会証人について

遺言公正証書を作成するときは、立会証人が2名必要となります。

そして以下の人は立会証人になることが出来ません。

  1. 未成年者
  2. 推定相続人と受遺者、そしてこれらの配偶者や直系血族
  3. 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記および使用人

※上記の2は、将来いずれ遺産を受け取ることになる人なので、利害関係があるということから立会証人になることが禁止されています。

上記以外の方であれば、法律上は立会証人になることができます。

ですので、上記にあてはまらない「遺言者の兄弟姉妹や甥姪」でも立会証人になることは出来ますが、親族が立会証人になってしまうと、将来のトラブルの火種になったり、相続争いに巻き込まれたりする可能性があるので、状況にもよりますが、できれば避けた方がよいと思われます。

行政書士には厳しい守秘義務が課させれていますので、立会証人もつとめさせて頂く機会が多いです。立会証人の確保や遺言書作成でお困りの方は、気軽にご相談下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします