借金と遺産分割

遺産分けの話し合いで、「借金は二男に全て相続させる」という取り決めをしても、債権者をしばることはできません(相続人たちの取り決めを守る義務はありません)。

相続人だけで都合よく借金の承継者を決められてしまうと債権者が困るからです(例:元々借金のある相続人Aだけに借金を相続させて、そのあとでAが自己破産してしまう等)。

遺言書で借金の相続人を決めた場合も同様で、債権者をしばることはできません。

借金を確実に相続せず済ませる方法は「相続放棄」しかありません。相続放棄は原則、相続発生後3か月以内に家庭裁判所に対して行う必要があるのでご注意下さい。

※第1順位の相続人が相続放棄をすると、借金は第2順位の相続人が相続することになる点もあわせてご注意下さい。

※「私は一切の財産を相続しません」という内容の遺産分割協議書に署名押印する行為は相続放棄ではありません。この方法では、プラスの財産を引き継げないにもかかわらず、借金だけを引き継ぐことになります。

※遺産である不動産を相続したり、預金を使いこんだりしてしまう(遺産を処分してしまう)と相続放棄できなくなる可能性がありますので、相続放棄を検討中の間は、一切遺産を処分してはいけません。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします