葬儀代について

葬儀代を誰が負担するかということについては、法律ではっきりと決まっているわけではありません。

故人の遺産から葬儀代を支出したところ、相続人同士で揉めてしまい裁判となり、結局喪主をつとめた相続人が負担する事になった事例もあります。

「葬儀法要の費用は○○から支出してほしい」と遺言書に記載しておけば、通常、揉める事はないと思いますが、それでも不安であれば、別途「死後事務委任契約書」を作成しておくという方法もあります。

※葬儀費用は債務として控除できますので、必ず領収証を保管しておいて下さい(僧侶へのお布施は領収証が出ないことがほとんどですが、何処にいくら支払ったかを記載したメモを保管しておいて下さい)。

 

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします