死後認知について

遺産分けの話し合い(遺産分割協議といいます)が終わった後で、死後に認知されたことにより相続人となったものが突然現れて遺産分けを要求してきた場合、すでに行った遺産分割協議は無効とならず、新しく現れた相続人に対して相続分にあたるお金を渡して処理することになります。

【民法第910条(相続の開始後に認知された者の価額の支払請求権)】

相続の開始後認知によって相続人となった者が遺産の分割を請求しようとする場合において、他の共同相続人が既にその分割その他の処分をしたときは、価額のみによる支払の請求権を有する。

※ただし、遺産分割協議の後に、母子関係存在を確認する判決が確定したことにより新たな相続人が現れたという場合は、遺産分割協議は無効となり、再度遺産分割協議をやり直さなければなりません。また、遺産分割協議のやり直しに応じない相続人がいる場合は、遺産分割協議無効確認の訴えを提起することになります。

 

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします