生命保険信託

親が亡くなってしまった後に残される「幼い子」や「障がいのある子」、または後に残される認知症の親族のために、生命保険金を信託するという方法があり、これを「生命保険信託」といいます。シングルマザーやシングルファーザーの方や、障がいのあるお子様をお持ちの方、認知症のご親族がいらっしゃる方などには非常に有効な方法です。

 

生命保険信託のメリット

  • 生命保険金は通常、一括で受取人に支払われますが、信託を利用すると、生命保険金の管理や運用は信託会社や信託銀行が行うので、支払われた保険金を他の親族に横取りされたり、無計画に使われたりする心配がありません。
  • 今すぐに大きな財産が準備できなくても、月々の保険料で多額のお金を準備することが可能になります(若いうちに加入するほど保険料は安く済みます)。※死亡時又は高度障害状態となった際に保険金が支払われます。
  • 保険金を受け取る人の順番を決められます(例:第1次受取人である配偶者が保険金を毎月受け取る→配偶者の死亡後は、第2次受取人である実子[先妻との子]が保険金を毎月受け取る)。

 

生命保険信託のデメリット

  • 信託契約書の作成費用や信託財産の管理費用が発生します。

 

生命保険信託の利用方法

  1. 生命保険会社との間で、生命保険契約を結びます。
  2. 信託会社または信託銀行との間で、信託契約を結びます。
  3. 委託者(契約者)が死亡すると、信託会社(信託銀行)が保険会社に生命保険金を請求し、保険金は信託会社(信託銀行)に支払われます。
  4. 生命保険金は信託会社(信託銀行)が管理し、あとに残された受取人のために使用されます(生前に決めておいた信託契約の内容[受取人、受取期間、ペース、受取金額など]どおりに給付されます)。

 

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします