任意後見契約書

「今は元気で判断能力も充分あるけれど、将来、認知症などになって自分では何もできなくなったときに備えて、今から将来のことを任せる相手をきちんと決めておきたい」という場合に作成する書面が「任意後見契約書」です。

自分ではお金の管理などができなくなった時に、代わりにやってくれる人(任意後見人)を元気なうちに決めておける(自分が信頼できると思う人に任せられる)というメリットがあります。

任意後見人は、身内の方でもつとめることができますが、その場合も任意後見契約書は「公正証書」というきちんとした書類で作成しなければいけません(任意後見契約法という法律で定められています)。

公正証書の作成は、行政書士の取扱い業務です。お困りの方は気軽にご相談下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします