一部分割について

遺産を分割する前に、遺産(不動産、株式、預貯金など)の一部だけを先に分割してしまい、残りの遺産は後日じっくり協議するというケースがあり、これを「一部分割」といいます(例:取り急ぎ売却換金したい財産がある、争いの余地のない遺産だけを先に処理したい、調査に時間のかかる遺産以外を先に処理したい等)。

※改正相続法では、この一部分割が明文化されます。

通常は、先に分割してしまった遺産については、分割協議が整った時点で権利関係が確定しますので、残りの遺産の話し合いに影響を与えることはありません。

しかし、残りの遺産の分け方を話し合う際に、先に一部分割した遺産が原因でトラブルになるケースもありますので、一部分割をする際に「残りの遺産協議には影響しない」もしくは「残りの遺産協議にも影響する」どちらなのかをはっきりと合意しておくことが肝要です。

気軽に一部分割をされる方もいらっしゃいますが、後日の争いを避けるためにも慎重に協議を進める必要があります。

 

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします