相続人の廃除

遺産を譲り受ける権利を相続人からはく奪することができる「相続人の廃除」という制度があります。

ただし、相続人の廃除は簡単に認められるものではありません。

下記に該当する場合のみ認められます(民法第892条)。

  1. 被相続人に対する虐待
  2. 被相続人に対する重大な侮辱
  3. 推定相続人の著しい非行

上記の内容からわかるように、よほどの理由がないと廃除は認められません(一時の感情にかられての行為や、被相続人にも落ち度があるような場合は原則的に廃除は認められません)。

相続人の廃除は、生前に申し立てることもできますし、遺言書に記載しておくことで死後に申し立てることもできます(遺言執行者が申し立てることになります)。

遺言書で相続人の廃除をする場合は、将来実際に手続きする事になる遺言執行者に対して、廃除したい理由や内容がわかる詳細な資料や情報を伝えておくべきです。

※相続人の廃除が認められたとしても、廃除された相続人の子どもが親のかわりに代襲相続できますので、その点注意が必要です。

※廃除が認められた場合は、相続人廃除の事実が戸籍に記載されます。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします