代償分割について

代償分割とは、ある相続人が自宅などの現物資産を相続する代わりに、他の相続人に代償として金銭を渡して公平をはかる遺産の分け方のことをいいます(例:自宅を相続した相続人が、他の相続人に金銭を支払うことで納得してもらう等)。

代償分割は、遺産を売却せずに済ませる方法として利用されることが多いですが、次のような点に注意する必要があります。

  • 遺産分割協議書に「代償金として」金銭を渡す旨を記載しておかないと、贈与とみなされ贈与税を課税される可能性がある。
  • 代償分割をしたが、代償金を支払ってもらえないというような事態にならないよう注意する必要がある(代償金の分割払いも可能ですが、代償金を受け取る側としては、一括払いにしておいた方が安全です)。
  • 代償金支払いの代わりに不動産を譲渡した場合、不動産を譲渡した相続人に、相続税とは別に譲渡所得税が課税される。(登録免許税も発生します)。
  • 代償金は、取得費として計上できない。

 

※相続や贈与などにより資産を取得した場合、取得前から引き続き所有していたものとして譲渡所得の計算をするものとされています。

 

代償分割する場合は、遺産分割協議の際に、譲渡所得税の負担も考慮した上で、話し合いを進めることが肝要です(例:譲渡所得税相当額を考慮して代償金の額を決める、譲渡所得税相当額を不動産評価額から引いた上で分割協議を行う、など)。

 

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる7時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします