代表あいさつ

はじめまして。
行政書士の園 久典(その ひさのり)と申します。
「相続、遺言のお悩みを解決する」をモットーに日々みなさまからのご相談・ご依頼に取り組んでおります。

当事務所は、じっくりお話しを伺ったうえで、難しい法律用語を使わずに分かりやすく説明し、お客様のお悩みを解決に導きます。

相続のお悩みは放っておくと、取り返しがつきません。「こんな相談していいの?」とお迷いにならず、できるだけ早い段階でご相談下さい。費用が発生する場合は事前に説明いたしますし、売り込みも一切いたしませんので、安心してお問合せ下さい。

 

園久典のプロフィール詳細(生い立ちなど)はこちら

 

相続や遺言の相談を受けて感じること

  • 相続に関するお悩みのほとんどは、遺言書さえあれば防ぐことができた。
  • 一般の方が独自で行った対策や自筆の遺言は、ほとんどが間違い。
  • 不完全・あいまいな遺言書が残されたために、かえって揉め事になる。
  • 「相続争いはお金持ちや仲の悪い家族で起きるもの」という誤解が多い。
  • 「まだまだ健康なうちは関係ない」という誤解が多い。

off_ind_pic02

遺言書などの相続対策の必要性に気づくのは、ご家族が亡くなった後ですが、その時にはもう手遅れです。

遺言書は万能ではありませんが、世の中の相続問題は遺言書さえあれば防げたものがほとんどです。

また相続問題は何も「争い」だけではありません。

相続手続きが複雑で、大変であることも立派な相続問題です。遺言書を残せば、相続手続きの負担が軽くなるということをほとんどの方がご存知ありません。

この文章を読まれたのも何かの縁だと思います。ご相談だけでかまいません。放っておくと取り返しがつかなくなる可能性もありますので、早い段階でお問合せ下さい。


お気軽にご相談下さい。

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします

「遺言書」を残す意味

遺言書をきちんと準備しているという方は、まだまだ少数です。

ほとんどの場合、亡くなった方が遺言書を書いていないので、残された相続人が話し合い、協議の結果を書面(遺産分割協議書)にまとめるという手順を踏むことになります。

相続トラブルの原因の多くは、この「遺産分割協議」にあります。

当事務所に持ち込まれるお悩みも、「遺言書さえあれば起きなかった」と言える問題がとても多いです。
本来は、財産を残す方が「誰に」「何を」譲るのかを決めておく方が自然なのです。
棚ボタの遺産をもらう側(相続人)が、財産の分け方を決める(しかも揉めずに)ということにそもそも無理があるのです。

それだけでなく相続人で「協議する」と言えば聞こえはいいですが、話し合いは公平ではありません。
全員が自分の主張をはっきり言えて、なおかつ、他人の意見も聞くことができればいいですが、そのようなことはありえません。結局は声の大きい人が得をし、控えめな方は損をします。
また、法律上は相続する権利のない「故人の両親」や「兄弟姉妹」から遺産を分けろと言われたら、残された奥様(旦那様)やお子様はきっぱりと断れるでしょうか?

ここまでに書いた内容を読んで、少しでも「心配」「不安」とお感じになられたら、一度当事務所にご相談下さい。あなたの家族固有の問題点を明らかにして、どうすれば良いかアドバイスさせて頂きます。いきなり費用が発生したり、相談したら依頼しないといけなかったりする事はございませんので、安心してお問合せ下さい。

追記
遺言書には「相続争いを防ぐ効果」の他にも、「相続手続を簡単にする効果」もありますので、作ったが全くの無駄だったということはございません。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします