遺言執行者について

遺言執行(遺言執行者)とは

遺言書に書いてある内容を実現することを「遺言執行」といい、その手続きを行う人を「遺言執行者」といいます。

 

遺言執行者がいないとどうなるか

遺言書には必ず「遺言執行者」を指定しておくべきです。遺言執行者が指定されていないと相続手続きが大変になります。具体的に言いいますと、遺言執行者がいないと、預貯金口座を解約したり、自宅の名義を変更したりするときに相続人全員から実印をもらわなければならなくなります。

 

遺言執行者の選び方

遺言執行者は家族の方でもなれますが、第三者である専門家(行政書士、弁護士、司法書士など)に依頼されることをお勧めしております。もちろん専門家に依頼する場合、報酬が発生しますが、依頼するメリットもあります。

遺言執行者を専門家に依頼するメリット

(1)複雑で大変な手続きを全て任せられる

戸籍謄本の取寄せ、財産目録の作成、遺産の名義書換(銀行預金の払戻し、自宅の名義書換など)といった複雑で大変な手続きを全て任せることができます。専門家に任せることにより、会社を休んで面倒な手続きをする必要もなくなりますし、難しい手続きもスムーズに進めることができます。

(2)相続トラブルの予防効果がある

利害関係のある家族以外の第三者を遺言執行者に指定することで、相続トラブルを防ぐ効果も期待できます。利害関係のある親族が遺言執行者として手続きを進めると、相続人同士で揉めてしまったり、疑心暗鬼になったりしてしまうことが実際に起こりえます。

(3)精神的プレッシャーからの解放

遺言執行の作業はただでさえ大変です。そこに加えて利害関係のある親族が遺言執行者に指定されてしまうと、「なぜ〇〇が遺言執行者なのか?」「親族だから執行報酬は無いのが当たり前だ」「もっと早く相続手続きを進められないのか?」「他に遺産があるはずだ!よく調べろ」などと周りからのプレッシャーがきつくなる可能性があります。「こんな事なら遺言執行者なんて引き受けるんじゃなかった」という事態を避けるためにも、専門家を指定されることをおすすめいたします。

 

遺言執行者の仕事

遺言執行者が行う必要のあるおもな手続きは以下の通りです。

◇遺言執行者就任の通知

◇遺産の調査と管理

◇財産目録の作成

◇遺産の名義書換(預貯金口座、不動産、株式など)

◇相続人への遺産の引渡し

◇執行終了の通知   など

 

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします