遺言作成のメリット7(相続人・財産の整理)

メリット7:親族関係や財産内容を整理する良い機会になる

まず、自分の相続人が誰なのかをきちんと知っておかないとトラブルになります。
案外、自分の相続人を誤解されている方が多いので、要注意です。

相続人を勘違いされている方の一例
  • 生涯未婚だったので相続人はいないと思いこんでいたが、戸籍を調べると甥姪が存在した
  • 再婚相手の子どもときちんと養子縁組していなかった
  • 知らないうちに親が養子縁組や認知をしていた
  • 離婚したと思い込んでいたら、離婚届を前妻が提出しておらず、戸籍上は婚姻関係が続いていた

 

 

また、遺言書を書く際に所有財産を把握する必要があるので、どのような財産を持っているのか整理する良い機会になります(※遺言書に財産内容を細かく記載するかどうかは場合により異なります)。

相続問題の一つに、不慮の事故や病気で突然亡くなったご主人がどのような財産(土地、建物、預貯金、借金、有価証券など)を持っていたのかを残された家族が全く把握しておらず、白紙の状態から財産の調査をしなければいけなくなるということがあります。

特に借金がある場合は、「相続放棄」をすることも考えないといけないため、死後3か月以内に借金の総額など財産内容を調べきる必要があります。残される家族を苦しませないためにも、財産内容はきちんと整理して伝えておく必要があります。


園行政書士事務所に依頼するメリット

  1. 遺言書を専門に取り扱っている事務所なので、豊富な遺言作成実績があります。
  2. 遺言トラブルを防ぐ遺言書をお作りすることができます。
  3. 残されたご家族が困ることがない遺言書をお作りすることができます。
  4. 遺言を書かれる方のご希望を叶えることができる遺言書をお作りすることができます。
  5. できる限り書き直す必要のない遺言書をお作りすることができます。
  6. さまざまな可能性を考慮した、安心できる遺言書をお作りすることができます。
  7. 公証役場との打合せや必要書類(戸籍、除籍、住民票、登記簿、固定資産評価証明書など)の取寄せも全て代行します。
  8. 遺言作成当日に必要となる立会証人(親族は不可)もお引き受けします。※行政書士には守秘義務があります。
  9. ご相談者のお気持ちやご事情をしっかりと汲み取り、それを反映した遺言書に仕上げます。
  10. むずかしい専門用語は一切つかわずに対応いたします。
  11. 必要があれば、提携している弁護士や税理士と協力しながら、業務を進めます。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします