遺言控除について

遺言控除とは

有効な遺言書が作成されていた場合に限り、「相続税を一定程度控除できる」という制度です。

 

制度の導入時期

早ければ、平成29年・30年からの導入が予定されています。

 

制度導入の目的

・増加の一途をたどる遺産相続紛争の抑止(紛争解決にかかる費用の抑制)

・若い世代へのスムーズな資産の移転

・空き家問題対策(不動産処分が進まない状況を避ける)

 

相続税控除の額

数百万円規模の額となる予定です。仮に控除額が300万円だと、30万~165万円の減税となります。

 

どのような遺言書が対象になるのか

法的に有効な遺言書に限られます。ただし、公正証書遺言である必要があるのか、自筆証書遺言では駄目なのか、などの詳しい内容については、今後の動向を注視する必要があります。

 

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします