相続遺言お役立ち動画

遺言について

相続争い・相続トラブルを遺言で予防

「遺産分け」「相続手続き」に備える遺言書

遺言書で「本当の意味での公平」を実現し、相続トラブルを防ぐ

自筆証書(手書き)での遺言書作成はお勧め出来ません

自筆の遺言は家庭裁判所で「検認」という手続きを受けないといけません

両親や祖父母に遺言書を残してほしい

遺言書を書く時は参考書を見ないでください

遺言書が無効になる例

財産を寺社、病院、慈善団体、NPO法人などに寄付したい方

遺言書で家族への感謝をカタチにする

できるだけ書き直しをしなくてよい遺言書を作る

配偶者のほうが先に亡くなる可能性に「予備的遺言」で備える

遺言書が必要なケース「子どものいない夫婦」

遺言書が必要なケース「配偶者に全財産を相続させたい」

遺言書が必要なケース「兄弟姉妹や甥姪が相続人になる方」

遺言書が必要なケース「相続人以外に財産を残したい」

遺言書が必要なケース「相続人に差をつけたい」

遺言書が必要なケース「前妻(前夫)との間に子どもがいる」

遺言書が必要なケース「内縁の配偶者やパートナーがいる」

遺言書が必要なケース「相続人が遠方に住んでいる」

遺言書が必要なケース「相続人の数が多い」

遺言書が必要なケース「独身、身寄りなし、相続人なし」

遺言書が必要なケース「音信不通、行方不明の相続人がいる」

遺言書が必要なケース「気が弱い相続人を守りたい」

遺言書が必要なケース「ペットの世話を条件に遺産の一部を相続させたい」

遺言書を作成するメリット「相続争いを予防できる」

遺言書を作成するメリット「自分の思い通りに財産を譲れる」

遺言書を作成するメリット「相続手続きの負担が減る」

遺言書を作成するメリット「財産を把握しなおす機会になる」

遺言書を作成するメリット「財産内容を配偶者や子などの相続人に伝えていない方」

遺言書を作成するメリット「相続関係の再確認ができる」

遺言書を作成するメリット「余計な税金を払わなくて済む」

遺言書で出来ること「条件付きで相続させる」

遺言書で出来ること「遺産分割の禁止」

遺言書で出来ること「相続人の廃除」

遺言作成の失敗事例「農地の名義書換ができない」

遺言執行(遺言執行者)について

遺言執行者を指定する大切さ

遺言執行者に専門家を指定するメリット

遺言執行者には大変なプレッシャーがかかります

遺言執行者選任手続きについて

遺言執行は専門家に任せて身内に負担をかけない

遺言執行は専門家に依頼し、勝手な遺産の処分・分割を防止する

遺言作成をこんな専門家に依頼してはダメです

「配偶者に全財産を相続させる」という遺言にはご注意を

条件付きで相続させる「負担付遺贈」

遺言書の必要性と家庭が円満かどうかは無関係

遺言書の必要性と財産額は無関係

遺言書はいつでも何度でも撤回できます

法律(民法)の規定よりも、遺言書が優先されます

「遺留分」について

兄弟姉妹に遺留分はありません

遺言書と遺留分の時効について

遺言内容や財産内容が固まるまで遺言作成はできない?

遺言書の内容や相続対策は一人一人異なるのが当然です

遺産の分け方を割合(%)で指定する危険性

施設に入所中の方、病院に入院中の方、余命宣告を受けた方などの遺言

遺言書でお墓や仏壇などを引き継ぐ「祭祀承継者」を指定する

不動産や株などの相続財産は死後全て換金して相続させたい

遺言書作成を専門家に依頼する意義

遺言書はオーダーメイドが当然です

遺言書は残される方のためのものです

実は公正証書よりも自筆のほうが大変です

遺言控除制度について(平成27年7月時点)

 

相続について

相続トラブルに巻き込まれる人の共通点

よくある誤解「資産がないから相続なんか関係ない」

よくある誤解「財産は自宅ぐらいなので関係ない」

よくある誤解「まだ元気だから遺言なんて早い」

よくある誤解「家族仲が良いからうちは心配ない」

預金口座の名義人がお亡くなりになると、口座は凍結されます

戸籍一式(戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍、戸籍の附票など)の取寄せ

相続で揉めるパターン「世代間ギャップ(家督相続VS法定相続)」

生前に贈与する際のポイント

生前贈与を行う際は「贈与契約書」を

生前贈与が「争族」の原因にならないように

相続人への生前贈与、3年は相続税対策になりません

相続には様々な対策があります(遺言、生命保険、養子縁組など)

奥様にも相続対策(遺言書、生命保険契約など)は必要です

ハンコを押してくれないかもしれない相続人がいる

死亡保険金の受取人「法定相続人」は危険。複数受取人にもご注意を

相続手続き、遺言執行は最初から専門家に依頼を

相続が発生すると「戸籍一式」を取り寄せる必要があります

戸籍の取寄せや預金口座の解約などの相続手続き

生前贈与・遺言書作成など相続対策のアドバイス

相続手続きでお困りの方へ

相続財産の行方が気になる方へ

相続代行お任せ下さい

 

公正証書について

公正証書遺言とは

公正証書遺言の作り方

公証人とは

公証人役場とは

京都府内の公証役場の所在地

遺言状(遺言書)を公正証書にする

争族やトラブルにそなえる「公正証書遺言」

公正証書遺言の作成にかかる公証役場の手数料

公正証書は自筆に比べて無効になる危険性が低い

公正証書遺言は作成者が120歳になるまで保管される

公正証書遺言は(自筆証書遺言と違って)「検認」の手続きが不要です

公正証書遺言を自分で作成しようとお考えの方へ

立会証人や公証人役場までの送迎も承ります

尊厳死宣言公正証書について

 

その他の動画

預貯金を年金型保険に変えて、残高が減っていく不安を解消

認知症になるのが不安な方(一人暮らしの方、身寄りのない方など)

尊厳死宣言書について

一人暮らし(独り暮らし・独居)の高齢者の方

任意後見契約(公正証書)で認知症に備える

永代供養の注意ポイント

相続遺言サイト・ホームページの名称にはご注意を

法律バカではありません

「遺言執行費用の滅茶苦茶な相場」と「良い専門家・悪い専門家」

「遺言作成費用はデタラメ」&「ダメな専門家」

生命保険金は銀行預金のように口座凍結されません

生命保険金は相続財産ではないので分割対象外です。相続税控除もあります。

生命保険金を相続トラブル回避活用できます「納税資金・代償分割資金」

生命保険金は相続放棄をしても受け取れます

ペイオフ対策されている方

弁護士と行政書士

司法書士と行政書士のちがい

失敗しない専門家の選び方(その1)

失敗しない専門家の選び方(その2)

専門家選びの失敗例「預金が引き出せない」

相続・遺言のセミナー開催

セミナー内容の紹介「相続・遺言・お金・終活」

毎月第一土曜日にゼスト御池の御幸町広場にて無料相談会を開催

遺産相続・遺言のことならお任せください

 

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします