見守り契約

見守り契約

定期的に訪問や電話連絡等をしてもらう契約のことを「見守り(見まもり)契約」と言います。

身寄りのないご高齢者や、親族が近くにいらっしゃらない一人暮らしのご高齢者の方のお役に立つものです。もし、「見守り契約というものに興味がある」「一人暮らしなので将来に不安を感じている」という方がいらっしゃいましたら、気軽にご相談ください。

 

任意後見契約

自分が元気なうちに、誰に身上監護や財産管理などを任せるかを決めておく契約のことです。

認知症など、物事の判別ができなくなる前に「誰に」「何を」任せるかを決めておくことができます。こちらの契約は、公証役場にて公正証書で行う必要があります。また、必ず任意後見監督人と呼ばれる後見人をチェックする専門家が家庭裁判所により選任されますので、安心です。

一人暮らしの場合、認知症になっても気づいてもらえないケースがありますので、前記「見守り契約」とセットで契約を結んでおくと、より安心です。

 

財産管理等委任契約

財産管理等を信頼できる相手に任せるための契約です。

前記の「任意後見契約」は、認知症など精神上の問題がある場合だけしか活用できません(身体障害や寝たきりなどの身体上の問題には、成年後見制度は活用できません)。

そこで利用するのが、この財産管理等委任契約となります。判断能力はまだ十分あるのだが、今のうちから財産管理を任せたいという場合に役立ちます。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします