相続争いについて

相続に無関心だったご家庭ほど相続争いに苦しんでおられます

「相続争い」というものは、お金持ちだけの話ではありません。
裁判所に持ち込まれる相続争いの75%以上が遺産額5000万円以下のケースであり、30%以上が遺産額1000万円以下のケースという統計がそれを裏付けています。

相続争いに巻き込まれる可能性は全ての人にあります。
「自分の家族は大丈夫だろうか?」と一度考えておくだけでも効果があります。

様々な相続トラブル、遺言トラブルを見てきた当事務所にご相談いただければ、相続争いにならないよう、わかりやすく具体的にアドバイスさせていただきます。まずは、一度ご相談ください。


相続争いを防ぐために

相続のことを前もって考え、万全の準備をしているという人はほどんどいらっしゃいません。しかし、少しの対策をしておくことで争いを回避できるということがあります。

例えば、自分が相続できると全く期待していなかった人がいきなり大きな財産をもらえると知らされて冷静さを失ってしまいトラブルに発展するかもしれません。

また、多くの財産をもらえるだろうと過大な期待をしていた人が、いざ相続のときになって本当の財産額を知って怒りだすかもしれません。

このような事態を防ぐためにも、

  • 誰に相続する権利があるのか
  • どのような相続財産(遺産)を所有しているのか

ということを事前に把握し、整理しておくことが大切になってきます。

相続においては、何よりも「争いにしない」ことが大切です。トラブルになってからでは手遅れです。争いを事前に防ぐためにも、できるだけ相続が発生する前に一度ご相談ください。


遺言書がない場合の相続と遺産割合

配偶者(夫や妻)と子供の場合
  • 配偶者と子供で財産を2分の1ずつ分ける
    (子供が2人以上いる場合は、2分の1を子供が均等に分け合う)
配偶者と亡くなった方の両親の場合 ← 子供がいないケース
    配偶者が3分の2、両親が3分の1
配偶者と亡くなった方の兄弟の場合 ← 子供も両親もいないケース
  • 配偶者が4分の3、兄弟が4分の1
    (兄弟が2人以上いる場合は、4分の1を兄弟が均等に分け合う)
子供も両親も兄弟もいないが、配偶者と甥姪がいる場合
  • 配偶者が4分の3、甥・姪が4分の1
    (甥姪が2人以上いる場合は、4分の1を甥姪が均等に分け合う)

相続争いを回避するために、「遺言書」を残す

遺言書が無い場合、相続人全員で遺産の分け方を話し合うことになります。

しかし、ここで問題があります。
当然のことですが、法律は各家庭事情のことまで考えてくれていません。

例えば、子供がいない場合、法律では「配偶者」と「亡くなった方の両親」で分け合う、又は、「配偶者」と「亡くなった方の兄弟姉妹」で遺産を分け合うことになります。

しかし、全ての家庭で、親族関係が良好で、交流もあるということはありません。日頃の付き合いが全くなかったり、折り合いが悪い相手と遺産の分け方を話し合わなくてはならないのです。

このような例の他にも、争いになる火種は色々と考えられます。

  • 子供のうち1人だけが、生前に多額の贈与を受けていた場合
  • 先妻との間にも子供がいる場合
  • 兄弟の中の1人だけが亡くなった親の面倒をみていた場合  など

遺言書さえあれば防げていたであろうトラブルや争いが世間には多くあります。

トラブルになってからでは手遅れです。早い時期に一度ご相談ください。お話しを聞いた上で、相談者様の家庭事情にあったアドバイスをいたします。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします