遺留分について

「遺留分」とは

遺留分」とは、相続財産のうち相続人(夫・妻・子・両親など)が、必ずもらうことができる財産の割合のことです。

  • 被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹や甥姪には遺留分はありません。
  • 遺留分を侵す内容の遺言書も有効です。ただし、遺留分を侵した分だけ返還請求される可能性があります。
  • 遺留分を侵された人は、必ず返還請求しないといけないわけではありません。

遺留分の具体的な割合

  1. 相続人が両親だけの場合
    本来もらえた額の「3分の1」が遺留分となります。
  2. 上記以外の場合
    本来もらえた額の「2分の1」が遺留分となります。

遺留分の時効

遺留分には時効があります。下記の期間を過ぎれば、遺留分を請求する権利はなくなります。

  1. 遺留分を侵された相続人が、その事実を知った時から「1年
  2. 相続開始時(被相続人の死亡時)から「10年

遺留分の放棄

遺留分の権利は、家庭裁判所にて許可を受ければ、生前に放棄してもらうこともできます。

※遺留分とは異なり、相続放棄(相続する権利を放棄すること)は生前にしてもらうことはできません。


遺留分でお悩みの方へ

遺留分に関することで、お悩みのかたは、遺言作成・相続手続きを専門に取り扱っている当事務所に一度ご相談下さい。相談者様のお気持ちや状況にふさわしいアドバイスを提案させて頂きます。高齢者のかたでもわかるように説明いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

遺言・相続に関する疑問点やご懸念などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ご相談なども承っておりますので、是非ご連絡下さい。

電話・携帯
メール・FAX
  • E-Mail : sono@s-gyousei.com
    ※ メールは24時間365日大丈夫です
  • FAX : 075-925-5547
お問合せフォーム

質問・相談する

営業時間:あさ9時~よる8時まで / 土・日・祝も対応しております / 秘密は厳守いたします